読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tokyo HideOut

アラフォー外資系金融勤務のゲイHideが描く日常

ダウントンアビー S5の件

ダウントンアビーのシーズン5がネットフリックスでもやっとリリースされ、気になっていた続きをやっと観ることができた。シーズン5の舞台は1924年のイギリス。労働党が史上初めて政権を獲得し、マクドナルドが首相となった時期。女性の社会的地位向上意識の高まりや、貴族の社会的地位没落が徐々に顕在化してくる時代でもある。

 

ダウントンアビーの面白さは、社会的コモンセンスと人々の価値観の変遷を歴史的事象と共に観ることができる、という所に尽きると思う。コモンセンスとは非常に漠然とした概念であって、個々価値観の総体であると言えるが、その変化のスピードは非常にゆっくりとしたものである。当時イギリス社会コモンセンスの中で、驚きなのは以下の事項であった

 

(Downton Abby Top10 moment)

 https://youtu.be/9cyHiDzyDME

 

- 男女の婚前性交渉はタブー、特に貴族など上流社会の独身女性が婚前に男性と性交渉するなど以ての外


- 避妊処置もタブー: 薬局でそれらしき物を販売しているものの、女性が購入する事はタブー


- 結婚していないシングルマザーは恥: ダウントンアビー当主グランサム伯爵の次女レディー・イーディスは、恋人だったマイケル・グレッグソンと婚前性交渉に至ったが、相手のマイケルは旅行中のドイツで行方不明に。同時にイーディスの妊娠が発覚し、スイスにてお忍びで女児を出産する事に。周囲には自らが女児の母親だとは公開しないものの、ダウントンアビーで引き取り、シングルマザーとして娘のマリーゴールドを育てる事となる


- 当時もゲイはいたが、実際の同性間性交渉は犯罪: 現代のシンガポールやロシア、ポーランド等は、自分の知る限りでは、ゲイというステータス自体が犯罪のようだ。とは言え、社会的規範としてそうなっているだけで、実際は容認されている。戦前の当時もゲイはいるものの、相手を探す事は至難の技。ダウントンアビーの副執事トーマスはゲイだが、気に入った男性同僚をゲイだと誤解し夜這いしようと試みる。結局は誤解と分かり、逮捕される寸前まで行きそうになる…

 

女性の社会的地位の低さ、厳格に規定された各性別の役割、ゲイは病気・犯罪と同等とみなされる等、1924年のイギリスは現代の我々が生きるには非常に堅苦しい散々な時代であった。インターネットもないので、当然出会い系サービスなどは無い。階級間の分断により、出会える相手は限られている。人の流動性が著しく低い事で、自分の属するコミュニティが基本となる非常に狭い世界であったことが窺える。男女の結婚もある種、習慣の一部であり、性婚前交渉の原則的禁止が男女の婚姻をより促す役割を果たしていたとも言える。

 

ゲイに関して言えば、古代からその類の関係性は存在したものの、タブー視される事が普通であったようだ。ダウントンアビー副執事のトーマスは普通にイケメンだが、いかんせん相手がいない。ゲイバーも出会い系アプリも無いので、相手を探す事はほぼ不可能である。人の流動性が著しく低かった事で、その希少価値も高かったのではないか。

 

そのような近代と比較して、我々が生きる現代はスマートフォンにより人間個人の流動性が非常に高まったと同時に、価値の希薄化を招いた事も事実。特にスマートフォンの登場は我々のゲイコミュニティに対する認識を大きく変えたデバイスとなった。GPSをベースとしたアプリサービスによって、ゲイの位置特定が可能となり、コミュニティ内での構成員プロファイルに誰もがアクセスできるようになった。

 

ゲイの流動性が著しく高まった一方で同時に失ったものは、性行為の希少価値であろう。Grinderなどのどちらかというとセックス目当てのアプリでは、セックスの時間単位による切り売りが当たり前となり、フェラやバックセックスの希少価値を著しく下げてしまった。それと同時に、容姿による選別基準を著しく引き上げる結果となった事も確か。グローバルにゲイの筋肉信仰が加速している事は、欲望追求の顕在化がスマートフォンによって実現された結果であるとも言える。テクノロジーが発達する前の、ゲイの世界を俯瞰できない時代の方が、今のようなオープンさを享受できないにしても、よほど幸せだったかもしれない。

 

テクノロジーの変化は非常に早く、その進化に伴って私達の社会インフラも大きな変化を遂げている。一方で人々の価値観、社会的コモンセンスの変化の速度は漸進的なものだ。異質な物を目の当たりにしても、寛容さを忘れないグランサム伯爵のような態度は我々の現代人も見習うべき所はあるのではなかろうか。まあ貴族の地主やから余裕有るのは当たり前やねんけど…

 

婚前性交渉禁止、ゲイ犯罪とかマジやっとられんとダウントンアビー観ながら思っていたが、タップ一つでサクッとセクフレが見つかるのも何だか違和感。名前すら分からない相手とやっても、何だかなぁと感じる。1924年ダウントンアビーの時代に生きる人々が見たら驚くだろうが、我々にできる事はちゃんと性病検査をして、コンドームや避妊を地道にやっていくしかない… 結局セックスはアプリで簡単に手に入るようになり、または購入できるようになり、コモディティ化している事は確かである。って、やりまくってるのお前だけだろって…?否定できません。。了

 

(本日の一軒)
和牛焼肉 KIM

白金にある和牛専門の焼肉屋。お肉のクオリティが高く、ユッケでも無い生肉でも無い和牛ハンバーグに魅了される。コースのサイドも美味しく、ザガットサーベイ掲載の店とは納得。お店の方もフレンドリーで一人焼肉をする日も近いかも…

 

和牛焼肉 KIM
03-6450-4129
東京都港区白金2-2-2
https://tabelog.com/tokyo/A1316/A131602/13110222/