読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tokyo HideOut

アラフォー外資系金融勤務のゲイHideが描く日常

お金で愛を買う - Case1 マッサージ師 (Part2)

愛をお金で買う Case1 (Part1はこちら)

http://hide0016513.hatenablog.com/entry/2016/11/21/001305

2回目のタイマッサージは11月初旬の肌寒い土曜日の朝。身潔のつもりで早朝からバスタブに浸かり、今日はSさんセッションやわーと、彼に再開できる期待を胸に僕は広尾へと向かった。

2回目だからかお互い少しはリラックスして話せる雰囲気に。「このパンツ変わっていますね。何用のパンツなんですか?」施術着はジャージ素材の手触りがいいコットンパンツ。足首がゴムで絞られていて、足首までは非常にボリュームがある珍しいシルエット。「それはねー、インドで買ったんだけど、サリーの下に履く用なんだと思うんだよね。あまりにも着心地がいいから、ここの施術着にしてるんだよ」フットバスで優しく脚をマッサージしながらSさんはこう答えた。フットバスの中から香るユーカリとティーツリーの香りが自分好みで良い。THREE好きな自分としてはとても心地よい。

 

今回も前回同様のプロセスでマッサージは始まったが、中盤以降、お腹を触られると急に苦しくなった。他人への拒絶反応だと彼は言っていたが、2回目のセッションで、しかも仰向け。お腹を触られると動物の本能で、そりゃー拒絶したくなるのは当たり前ではないんかい!と突っ込みたくなる。その後何故か、股間を攻めてくる彼。「マジかー…」と焦る僕。彼はタイマッサージの要領で僕の腕引き上げながら、座って彼にハグをする様なポジションに。そこからSさんの手が僕の手を、彼の膝に置く様に促す。


「ヤバい。自分の股間、めっちゃ硬いんやけど…」何とか深呼吸で落ち着こうとさせるが、彼の手は未だ僕の股間の上にある。
「射精したいですか?」と耳元でささやく彼の声が。そんな展開を期待していなかっただけに彼の発言に驚いた。「いや、それは…」返事に窮していると、「ここは修行の場ではありません。瞑想もヨガも日常の一部なんだと思います」えーと、これって私のチンポにおいてある手と何か関係ある…?全く意味が分からん。結局欲望に負け、彼のなすがままに。「イク顔を見せて」と言われそのまま自分の腹の上に撃射。あーあ、やっちゃったわ。最初に「パッケージ化されたエッチはもう欲しくない」って一応彼に言ったよね。全く聞いてないやん!男は誠に哀しい生き物だ。「いっぱい放射状に出たね。泣きながらイッことってある?イかせたいなぁ」と髭面のSさんは僕の顔を撫でながら、こう言った。


果てて疲れた僕をハグしながら、「出来ないこともあるけど、ハグをしてほしければするし、射精を望むので有ればする、話を聞いて欲しければ聞くし、そこは上手く使ってくれればいいんだよ」「こちらも施術しているのに、ラポールを感じられなくて寂しかったんだ。それでHideさんには射精が必要だと思ったんだよ」


違う、自分が求めているものはこんなパッケージ化されて切り取られたコミュニケーションじゃない…喜怒哀楽含めた日常生活のコンテクストから得られる他愛のないコミュニケーションなのに。しかも、ラポールって、たった2回目の施術で形成されるようなものではないじゃないか。しかしほんなら行くなよ!っていうツッコミ至極真っ当です。あー自分ってアホやな。彼は自分が告白しても相手にされるような人じゃないし。真面目な気持ちで彼とお近づきになりたいと考えていた僕の心はちょっとだけ傷付いた。果てた後に遣り切れない後悔が残るばかり。


そんな気持ちでお別れの挨拶をした後、Sさんの自宅のドアはあっさりと閉められ、こんな自分の思考も何処かに捨てられたような気がした。自分はバンドマン(後述)との一件から何も成長していない。


今回の顛末をゲイ友に話すと「次に好きな人が見つかれば、まあ忘れるよ」という返事だったが、次とか暫く無いねん… しかし、理想を自分の中で勝手に高めて、現実の基準感を肌で知らないのは結局の所は自分だった。誘われる事はゼロでは無いのに、そこで切り捨ててしまうのは、僅かな可能性を捨ててしまうことで賢明では無い。今後はどんな誘いに対しても、アルテイシアの「三顧の礼」では無いが、きちんと3回会ってから判断しよう。愛をお金で急いで買おうとしても、結局は自分の心を傷付けるだけだ。


僕はSさんを崇め奉り、教祖として勝手に憧れていた。それは裏返すと自分への自信の無さと自尊心の低さから来ていたもの。特別な人に見えたSさんは、結局の所「年下が射精するところを見たい、射精管理して泣かせたい」という若干の変態男であった… 耳元で囁く言葉はよくよく考えればロジックも通っていないエゴな主張。しかしあれはマインドコントロールに近い。危うく僕も射精管理されてマインドコントロールされるとこだったか。以前絡んだケヴィン(後述)のように、家具や壺も買わされたかもしれない… 


40歳にまでやるべき事、先ずは忍耐力を持ってコミュニティに参画し、友達と関わっていく事。お金を払って射精をし、ハグをしながら会話をする擬似彼氏を数十分味わった所で、自分の人生は何も変わりはしない。

 

(本日の一軒)
台湾料理 麗郷 富ヶ谷
大好きなエリア富ヶ谷台湾料理屋。サンラータン麺が美味い。これまで自分はランチ時の利用のみ。あのサービスの雑さに反して、サンラータンの味は地元並み。楽天CEOの三木谷氏も訪れる地元の名店。夜に一度行ってみたい日常使いの台湾料理屋である。

 

麗郷 富ヶ谷
03-3485-3052
東京都渋谷区富ヶ谷1-14-18 ハウス池田
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131810/13061515/